ムスタジム・プロジェクト

Publié le

間違わないように。 ムスタジム・プロジェクトは自分勝手な話だ。 Traduction : Kyoko この少年が私たちの学校生活に入ってきたのは2018年1月のことだった。彼は他の4人の少年と一緒だった。そして、地域のほとんどの学校同様、5人は別々のクラスに入れられた。彼らが2017年の9月、10月、11月、12月にどこにいたのかは分からなかった。ムスタジムと私たちの言葉が違ったからだ。この少年たちが5人という少人数で、何の前触れもなくやって来たので少し変な感じだった。他の所では、昔は、フランス語を話さない生徒たちは、「受け入れクラス」、今では「フランス語を話さない新入生のための統一教育(CLA)」という名のクラスで、特別な免許を持った教師にフランス語を教えてもらった。そこで外国語としてのフランス語を15時間ほど習って、段階的に通常の授業に入っていったものだ。でも、このクラスはもう定員オーバーで、今や現地の言葉を教えるためのものではなく、給食を食べさせ、レピュブリック広場でウロウロさせず、ニースより受け入れ状況がいいことを示すためのものらしい。これもまた、自分勝手な話だ。いつからPACA地方と選挙人に「社会がすること」の意味を決めさせるようになったんだろう?お腹が空いた人は自分で食べ物を見つけるということを、いつから私たちは忘れてしまったんだろう?私たちが自分たちの食糧の心配をするのはよく分かる。私たちが、自分たちが散歩するときの心配をすることも一理ある。自分たちの町なかの広場のことや、フランスの歴史もよく知っている。私たちは古い服を始末してしまいたいだけなのだ。ムスタジムが来るときに、学校に慣れるためにフランス語の授業が何時間か作られたことを、一通の追加授業の手紙で知らされた。そこで、二人の教師も私たちの学校生活に入ってきた。一人は月曜日、もう一人は水曜日担当だ。私たちは自分たちの雇い主を知らなかったっけ? この手紙は一時的なもので、時がたつと「CLA」のようになくなるのを知らなかったっけ?ムスタジムは、1月にフランスの通常クラスに入ってきた。世界中の大多数がそうであるように、彼もすでに数か国語を話す。人類の歴史の中で大多数がそうであったように、彼も非定住民、最近の言い方では移民だ。そして世界の大多数がそうであるように、彼も見た限り収入がない。こんな世の中でも、ムスタジムは上手くやって行くだろう。彼だけの道を見つけるだろう。でも私たちは? 彼をできるだけ早く就職の道に導くだけで満足するの?私が話をしてもムスタジムは分からない。彼は、私にとってそれが初めてのことだということを知らない。私たちはマーガリット・べカイユ(注1)が一時の娼婦かどうか、シャーブルさん(注2)に似合っているかどうかとか、「ナンタ(注3)」が何であるかということの答えを探している。私たちはエミール・ゾラの日記と思われる古物について討論するだけで満足している。それは私たちがここにいて、この国の言語をしゃべっているからだ。19世紀や現代における私たちとお金の関係や、生活に関する建前と実の好みについて議論しているのだ。これらのテーマについて議論するのは、ここが中学2年のクラスで、今が1月だからだ。3月でもいいし、中3のクラスで、与えられたテーマについて話すために、ニナ・ブラウイやパトリック・シャモワゾーを読んでいてもいい。私たちがそうするのは、私たちが定住民で、一つの言語しか話さず、時には遺産を相続するからで、文学がこういった弱点をうまく補ってくれるからだ。私の話を理解しない人がいて、そのことで自分は機嫌が悪くなることを知った。私はみんながゾラを批判するのが好きだ。批判するということは、彼を知っているということだ。知っているということは、フランス語で文が作れるということだ。そうすると私の機嫌は良くなり、仕事の価値を見出せる。週に2時間やってくる「フランス語を話さない新入生や非定住民の子供たちのための学校教育センター」は―私の理解が間違っていないなら―映像や絵などで話の内容を説明するのが望ましいとしている。でも、アゼルバイジャンがどこにあるかさえ知らない私たちが、ムスタジムと話が出来ないのは残念だと思わない?べカイユ流では意識不明の状態から違う世界で目覚めるということを知る貴重な機会を失っていない? シャーブルさんの運命を左右した、満潮時に孤立した洞窟が他の場所にもあることを知る貴重な機会を失っていない?それなのに、自分たちと他人が全然違うからと言って、どちらかを選ばなければならないと主張する世界の人種差別者たちは間違っていると言えるの?このムスタジムとの出会いには、何か現代的で新しい発想はないの?こんな吐き気のするような、表向きや一般的な主張をするんじゃなく、逆に例外を作れないの?「世界」に別の定義はないの?そうして何かが変わるのを待ちながら、私は義理堅く仕事で消耗されるのに慣れてしまっている。具体的に、現実として、私は絵があまりにも下手なために、みんなが分かるか確かめなければならない。ムスタジムが私の授業が分からなければ、誰かが代わりに絵を描いてくれるのだろうか? (注1)『オリヴィエ・べカイユの死』(エミール・ゾラ、1884年)(注2)『シャーブル氏の貝』(エミール・ゾラ、1884年)(注3)『ナンタス』((エミール・ゾラ、1889年))(注4)映画『SYNGUÉ SABOUR -我慢の石 』( Atiq Rahimi、2012 年 )

多言語表記は簡単じゃない

Publié le

多言語表記は簡単じゃない アイデンティティ 「全ての言語をサイトの一ページに」という思惑は物の10分で外れてしまった。 それでは分かりにくくなってしまったため、仕方なくフランス語を先に持ってくることにした。サイトにメニューバーができて、レミーは嬉しそうだった。 それから彼はアイデンティティの話をし始めた。グラフィックのことだ。キオスクを表す、文字じゃない記号を考えなくては。 マリーがそれに取り掛かった。全部とてもきれいだと思った。でも、私に見えたものが他の人にどう見えるかも考えなければならない。 一つ目は、私にはキオスクと、その上に点が一つ見えた。ペルシャ語の授業を思い浮かべた。アルファベットを習うのに、文字の正しい位置に点を打たなければならない。先生はとても我慢強い。 マリーは、両腕を広げてテーブルを運んでいる女性をイメージしたと言った。それがリタだと。 何だかすごく分かりにくくなってきた。 もう一つは、私には著作権マークに映った。ちょうどサイトの著作権の問題について話し合っているところだった。著作権フリーにする? それともダメもとで知的財産保護を主張してみる? 考えなければならないことはたくさんあったけど、答えはあまりなかった。 レミーは、ちょっとアナーキストみたいな二つ目がいいと言った。 私は何だか怖くなってきた。私がアナーキストじゃないからじゃない。一つの絵でこんなにも色んな解釈があることにだ。オマールがベッドで大人しくしていないといけないし、私はピレネー山脈にいるから、まだ翻訳者達の意見は聞いていなかった。そういえば、Googleアナリティクスによると、11個目の地域からサイト訪問者が来ていた。カリフォルニアからだ。ピレネー山脈は素晴らしくきれいだ。プレッシャーには負けず、曖昧に行こう! 私はマリーに、レミーがアナーキストみたいだと言ったサークルの中に、両腕を広げた女の人を入れてくれるように言った。はい、出来上がり。

多言語表記は簡単じゃない

Publié le

アイデンティティ 「全ての言語をサイトの一ページに」という思惑は物の10分で外れてしまった。それでは分かりにくくなってしまったため、仕方なくフランス語を先に持ってくることにした。サイトにメニューバーができて、レミーは嬉しそうだった。それから彼はアイデンティティの話をし始めた。グラフィックのことだ。キオスクを表す、文字じゃない記号を考えなくては。マリーがそれに取り掛かった。全部とてもきれいだと思った。でも、私に見えたものが他の人にどう見えるかも考えなければならない。 一つ目は、私にはキオスクと、その上に点が一つ見えた。ペルシャ語の授業を思い浮かべた。アルファベットを習うのに、文字の正しい位置に点を打たなければならない。先生はとても我慢強い。マリーは、両腕を広げてテーブルを運んでいる女性をイメージしたと言った。それがリタだと。何だかすごく分かりにくくなってきた。もう一つは、私には著作権マークに映った。ちょうどサイトの著作権の問題について話し合っているところだった。著作権フリーにする? それともダメもとで知的財産保護を主張してみる? 考えなければならないことはたくさんあったけど、答えはあまりなかった。レミーは、ちょっとアナーキストみたいな二つ目がいいと言った。私は何だか怖くなってきた。私がアナーキストじゃないからじゃない。一つの絵でこんなにも色んな解釈があることにだ。オマールがベッドで大人しくしていないといけないし、私はピレネー山脈にいるから、まだ翻訳者達の意見は聞いていなかった。そういえば、Googleアナリティクスによると、11個目の地域からサイト訪問者が来ていた。カリフォルニアからだ。ピレネー山脈は素晴らしくきれいだ。プレッシャーには負けず、曖昧に行こう!私はマリーに、レミーがアナーキストみたいだと言ったサークルの中に、両腕を広げた女の人を入れてくれるように言った。はい、出来上がり。

ペルシャ語を話す彼女

Publié le

ペルシャ語を話す彼女 「あなたのキャンペーンってちょっとパリ人向けじゃない?」「うーん、そうかも。」「ちょっと、簡単に言うわね。応援してほしいなら何か一言足りないわね。」「じゃあ『クジラ』。さっき雲の切れ間に見たようなの。これでどう?」「オッケー。やるわ。」「じゃあ明日キャンペーンの詳細を送るわ。」「でもなんで『リタのキオスク』なの?」「何となくよ。響きがいいじゃない。」「でもみんなあなたの名前がリタだと思うよ?」「別にいいわよ。この名前、前から気に入ってたの。レミーと一緒にグーグルで調べたけど、他に使われてないみたいだし。」「じゃあ、リタって呼んでいいの? 私も色んなあだ名があるけどね。」(夜のピクニックに行く道で休憩中の二人組がおどけて声を掛けてくる)「グッドモーニング!」(小学生並みの英語で)「オレ達は2014年からこの辺りに住んでるんだ。」「あら、私は来たばかりよ。ここで生まれたけどパリに住んでたの。」(アンジェリックが叫ぶ)「アフガニスタンから来たの? 彼女はペルシャ語が話せるのよ!」「ウソだろ? 本当に話せるの? 君の名前は?」「まだ話せないけどこれから習うのよ。私はリタよ。」

人材探し

Publié le

人材探し 「もう限界よ。すでに押し潰された地域を、それでもまだ押し潰そうとする制度の中での勝ち目のない闘いなんて。それよりブルターニュの話をしようよ。」 「そうね。私は果樹園で忙しく動き回ってるわ。写真見た?」 「見たよ。もう始められそうじゃない。信じらんない! 小屋とキオスクがあって、すごく素敵なところね!」 「きっといい場所になるわよ。もう何もかもイヤになった仲間はみんな一息つきに来られるのよ。子供たちも釣りをしたり、池でボートに乗ったりして遊べるし。」 「そうね。」 「あとは3万ユーロ見つければいいだけなのよ! それ以外は準備できてるの! 野外映画もイスはあるし。40脚いるんだけど、donnons.orgっていうサイトで古いイスをタダでくれる人がどれだけいるか、あなた知らないでしょう?」 「でもそれって誰かと一緒にやるの?」 「とんでもない。一人よ。今一番やりたいのは、キオスクの責任者としてフェアな関係を築くことなの。」 「そうなんだ。」 「映画上映のための自転車発電の装置を設置してくれるチームにも、お金か土地の使用許可で支払いはするし、何かしたい人には場所を貸したりもするつもり。人助けが今の流行りみたいよ。天気のいい日にパーティーをしたい翻訳家の団体に貸したりもしたいわ。」 「地域の助成金は考えてみた?」 「イヤよ。土地を買って、友達が作った映画を上映したり、友達を招いたりしたいの。自分のリズムでね。もし公共のお金をもらったら何にでも厳しくなっちゃうじゃない。そうなっちゃうのもムヌーシュキン(注1)のせいよ。少しずつ前に進まないと。でも建築不可の土地を買うのも簡単じゃないのよ。MAIF(保険会社)はダメだったわ。アパートを買うなら10万ユーロでも貸してくれるのに、土地に3万はダメなんだって。多すぎとか少なすぎとか、よく分からなかったけど。」 (アデルが笑う) 「アジアのどこだったかにお金持ちの元カレがいるけど……」 「それいいじゃない!」 「でももう14年も連絡してないよ。それってあり?」 (アデルがまた笑う) 「それにあなたは人事に『私は3人の子持ちだから気が狂うこともできないんです。ちゃんと仕事してください』って電話さえしないじゃない。なのに私は元カレに『最近どう? ところで3万ユーロくれない?』なんて言わなきゃいけないの?」 (二人とも笑う) 「で、近所には誰がいるの? どんな人たち?」 「景観保護区域だからあまり人はいないんだけど、谷を離れて坂を上ると北側には新興住宅地があって、カフェもあるの。南側にはハイキングコースもあるのよ。素敵な家が一軒あってね、昔水車小屋だったんだけど、感じのいい一家が住んでて羊二頭くれたのよ。私の土地の端っこを買って本格的な果樹園にしたいんだって。」 「羊って何のため?」 「芝を刈るためよ。」 「あ、そっか。早く私もアレックスと子供たちとパリを離れないと。」 「そうよ。キチガイになる計画はすっ飛ばしてBの計画に直接入ることをお勧めするわ。ジャン・ジャック何とかさんとブリジット何とかさんに2時に電話して、その様子を聞かせて。どこかの組織に埋もれてる親切で有能な人材を見つけないと。私はスポンサーを見つけるしかないわ。ところで言ってなかったけど、キャロリンが初めて映画上映する時に来てくれるって!」 「イル・エ・ヴィレーヌ県に? サン・マルタン運河からは遠くない?」 「来るって言ったのよ!」 「と言うことは、すぐにキャンペーン始めて1円でも多く集めないと! 第一回目の上映はいつ?」 「来年の春よ。慌てずにやるわ。でも、キャロリンはボートにも乗ってくれると思う?」 (注1):演出家。助成金を無駄にしないために団員・関係者に非常に厳しかったことで有名。