Devenir plurilingues

Les lectures d’Eve

La prétérition[1]  Texte : Google Traduction. La version originale est dans une langue inconnue des collaborateurs disponibles.  Voix : Eve  Planche de Bd : Facbaro  Son : Rita Je ne suis pas capable de vivre ou de communiquer de manière naturelle, surtout depuis que j’ai perdu ma passion et mon esprit, et à une époque où

Lire plus »

Traduire le monde c’est bien beau mais lequel?

– En portugais , « crevure » ça se dit « Jair ». – Ah d’accord Fernando!  – Caroline t’a lu ça avec sa belle voix et on arrive le 18 septembre!  – Super mais c’est votre chien qu’on entend aboyer derrière la lecture de Caroline?!? 

Lire plus »

Ne baissons pas la tête

– Rita, on tente de toute nos forces de trouver une location à distance, mais ça s’avère très très difficile! N’étant pas sur place et disponible pour une visite, je pense que les gens doivent se méfier beaucoup… Le temps devient court! Mais on ne baisse pas la tête! -Bon. En français on dirait plutôt ne pas baisser

Lire plus »

Nada de nada

Nada de nada En el cine al aire libre   Traduction : Karina Atencio  –Bueno, no estamos listos para la proyección y la  gran fiesta del 1 de junio de 2019, – ¿Verdad?– Exacto.– ¿Pero, por qué? ¿No hiciste nada durante el invierno?– Nada de Nada. Nada. En el territorio francés, el Estado de derecho

Lire plus »

Likons! Likons!

Likons Likons ! De l’identité On cause du Kiosque avec Andrea : – Bah ma pauvre louloutte faut que tu fasses des progrès en communication ! – Ça m’emmerde. -Certes mais c’est comme du bouche à oreille. Version 2019.  -C’est juste. Bon alors on fait comment ? -Tu peux commencer par le FB, par la « fan

Lire plus »

Plaie d’argent n’est pas mortelle

« Plaie d’argent n’est pas mortelle » Du mécénat On cause du Kiosque avec Xavier. -Tu sais avant les super riches donnaient aux associations pour défiscaliser mais ils ont arrêté depuis que le gouvernement a supprimé l’ISF[1]. – Tu veux dire que les super riches ils zaimaient pas vraiment l’art et que cette nouvelle loi a permis de

Lire plus »

On est d’accord, l’or c’est un truc qui périme pas ?

On est d’accord, l’or c’est un truc qui périme pas ?  De l’identité     En attendant de trouver 50 000 euros  pour payer tous les talents que j’ai dégottés pour kiosquer, l’envie m’a prise de contacter un type qui m’avait gâché mon festival Etonnants Voyageurs à Saint-Malo en faisant une lecture beaucoup trop bouleversante d’un poème beaucoup

Lire plus »

Les périphéries des périphéries

« Les périphéries des périphéries » De l’identité Quand le casse-tête du cinéma en plein air me tape sur les nerfs, je vais à des conférences. Celle-ci c’était de la bombe. C’était les gars de la revue Apulée à la maison du Québec. La revue Apulée? C’ est un joyau annuel que vous pouvez acheter. Vous en

Lire plus »

Mi-septembre

Chers amis du plurilinguisme,   Au sein du Kiosque, des traducteurs sont à l’œuvre. Daniela fait la démonstration que le monde ne saura se contenter de Google Traduction. Elle traduit, pour vous,  avec patience,  notre aventure commune. Avere pazienza e lasciare scorrere, è così che si fa un buon caffè COMPOSIZIONE – AMMISSIONE – CONTRIBUTI

Lire plus »

Août

Chers amis du plurilinguisme,     Samedi 24 août c’est la dernière avant la banqueroute !   Et pourtant le deuxième été du Kiosque est : Bricoleur nécessairement :  IsabeL lit « Chasse d’eau Chasse d’Hommes.» Linguistique systématiquement : Not a sausage!   Sonore encore : Le conte du lépreux par Mouna et Salimata. Musical parfois : Hradcany joue « Hej. »     RaymonDevotien

Lire plus »

Simm d’accuord’, mica l’oro scade ?

« Simm d’accuord’, mica l’oro scade ? » Dell’identità Traduction : Morgane  Aspettann ‘e truvà 50 000 euro pe pava tutt’e talienti ch’aggio truvato pe scrivere m’è venut’ a’ voglia e’ contattà nu guaglione ca’ m’aveva arruinato o festival Etonnants Voyageurs di Saint Malo faccenn na lettura troppo sconvolgènt e’ nu poema troppo sconvolgènt. Pocco primma d’o

Lire plus »

Une leçon de peul

Souleymane Diamanka Extrait du documentaire Les poètes sont encore vivants. Avec l’aimable autorisation de Xavier Gayan. Sous-titres : Morgane et Livia – qui peuvent après tous ces poètes vous sous-titrer n’importe quoi!  https://www.youtube.com/watch?v=X7Vk0UW0cUM&feature=youtu.be

Lire plus »

Estragon

Texte : Rita  Voix : Eve, Christophe, Manon Son : Rita  Mais votre attention monsieur qu’il nomme Estragon Ne pourra rien sauver aux filets qui me noient Remballez votre cadeau ou de la République Pour une fois sauvez-moi Sa douleur me tue et je m’étrangle à elle Votre hauteur m’est nulle depuis derrière la vitre

Lire plus »

Traduire le monde c’est bien beau mais lequel?

– En portugais , « crevure » ça se dit « Jair ». – Ah d’accord Fernando!  – Caroline t’a lu ça avec sa belle voix et on arrive le 18 septembre!  – Super mais c’est votre chien qu’on entend aboyer derrière la lecture de Caroline?!? 

Lire plus »

Traduire le monde c’est bien beau mais lequel?

Traduire le monde c’est bien beau mais lequel ? De nos quizz linguistiques    On cause du kiosque. -C’est pour quoi Rita ? -C’est pour les crevures[1] de la bande à el-Bechir. -Rapport au Soudan et au poète Hassan Yassin? -Faudrait contribuer à « rompre le silence.» -On peut te faire ça, faire un peu de

Lire plus »

Likkiamo ! Likkiamo !

« Likkiamo ! Likkiamo !” Sull’identità Traduction : Daniela Minieri Parliamo del Chiosco con Andrea: – Mia cara bisogna che migliori le tue competenze in comunicazione! -Che palle ! -Hai ragione, ma è così che funziona il mondo Rita. -Allora come facciamo ? -Puoi iniziare con FB, con la “fan base”. -Che roba è? -In inglese, significa

Lire plus »

Le periferie delle periferie

« Le periferie delle periferie » Sull’identità Traduction : Daniela Minieri.  Quando le storie del cinema all’aperto mi danno sui nervi, partecipo a delle conferenze. Questa era una bomba. Erano i ragazzi della rivista Apulée. La rivista Apulée? È un gioiello annuale che potete acquistare. Ne avrete per tutta l’estate. Avrete a vostra disposizione, alfabeti e lingue

Lire plus »
En arabe classique

اللغة العربية الفصحى

 

« La rebelle » d’Hassan Yassin

Loïc et Rita lisent le texte.  Texte : Hassan Yassin  Traduction : Saida Benayad et Soizic Hily  Voix : Loic  Baylacq et Rita pour la version française, Hassan Yassin pour la version en arabe.  Bidouillage technique : Rita pour la version française, Hassan Yassin pour la version en arabe.  Recueil à paraître, octobre 2019.

Lire plus »
En farsi

به فارسی 

日本語

En japonais-
 
 

ムスタジム・プロジェクト

間違わないように。 ムスタジム・プロジェクトは自分勝手な話だ。 Traduction : Kyoko この少年が私たちの学校生活に入ってきたのは2018年1月のことだった。彼は他の4人の少年と一緒だった。そして、地域のほとんどの学校同様、5人は別々のクラスに入れられた。彼らが2017年の9月、10月、11月、12月にどこにいたのかは分からなかった。ムスタジムと私たちの言葉が違ったからだ。この少年たちが5人という少人数で、何の前触れもなくやって来たので少し変な感じだった。他の所では、昔は、フランス語を話さない生徒たちは、「受け入れクラス」、今では「フランス語を話さない新入生のための統一教育(CLA)」という名のクラスで、特別な免許を持った教師にフランス語を教えてもらった。そこで外国語としてのフランス語を15時間ほど習って、段階的に通常の授業に入っていったものだ。でも、このクラスはもう定員オーバーで、今や現地の言葉を教えるためのものではなく、給食を食べさせ、レピュブリック広場でウロウロさせず、ニースより受け入れ状況がいいことを示すためのものらしい。これもまた、自分勝手な話だ。いつからPACA地方と選挙人に「社会がすること」の意味を決めさせるようになったんだろう?お腹が空いた人は自分で食べ物を見つけるということを、いつから私たちは忘れてしまったんだろう?私たちが自分たちの食糧の心配をするのはよく分かる。私たちが、自分たちが散歩するときの心配をすることも一理ある。自分たちの町なかの広場のことや、フランスの歴史もよく知っている。私たちは古い服を始末してしまいたいだけなのだ。ムスタジムが来るときに、学校に慣れるためにフランス語の授業が何時間か作られたことを、一通の追加授業の手紙で知らされた。そこで、二人の教師も私たちの学校生活に入ってきた。一人は月曜日、もう一人は水曜日担当だ。私たちは自分たちの雇い主を知らなかったっけ? この手紙は一時的なもので、時がたつと「CLA」のようになくなるのを知らなかったっけ?ムスタジムは、1月にフランスの通常クラスに入ってきた。世界中の大多数がそうであるように、彼もすでに数か国語を話す。人類の歴史の中で大多数がそうであったように、彼も非定住民、最近の言い方では移民だ。そして世界の大多数がそうであるように、彼も見た限り収入がない。こんな世の中でも、ムスタジムは上手くやって行くだろう。彼だけの道を見つけるだろう。でも私たちは? 彼をできるだけ早く就職の道に導くだけで満足するの?私が話をしてもムスタジムは分からない。彼は、私にとってそれが初めてのことだということを知らない。私たちはマーガリット・べカイユ(注1)が一時の娼婦かどうか、シャーブルさん(注2)に似合っているかどうかとか、「ナンタ(注3)」が何であるかということの答えを探している。私たちはエミール・ゾラの日記と思われる古物について討論するだけで満足している。それは私たちがここにいて、この国の言語をしゃべっているからだ。19世紀や現代における私たちとお金の関係や、生活に関する建前と実の好みについて議論しているのだ。これらのテーマについて議論するのは、ここが中学2年のクラスで、今が1月だからだ。3月でもいいし、中3のクラスで、与えられたテーマについて話すために、ニナ・ブラウイやパトリック・シャモワゾーを読んでいてもいい。私たちがそうするのは、私たちが定住民で、一つの言語しか話さず、時には遺産を相続するからで、文学がこういった弱点をうまく補ってくれるからだ。私の話を理解しない人がいて、そのことで自分は機嫌が悪くなることを知った。私はみんながゾラを批判するのが好きだ。批判するということは、彼を知っているということだ。知っているということは、フランス語で文が作れるということだ。そうすると私の機嫌は良くなり、仕事の価値を見出せる。週に2時間やってくる「フランス語を話さない新入生や非定住民の子供たちのための学校教育センター」は―私の理解が間違っていないなら―映像や絵などで話の内容を説明するのが望ましいとしている。でも、アゼルバイジャンがどこにあるかさえ知らない私たちが、ムスタジムと話が出来ないのは残念だと思わない?べカイユ流では意識不明の状態から違う世界で目覚めるということを知る貴重な機会を失っていない? シャーブルさんの運命を左右した、満潮時に孤立した洞窟が他の場所にもあることを知る貴重な機会を失っていない?それなのに、自分たちと他人が全然違うからと言って、どちらかを選ばなければならないと主張する世界の人種差別者たちは間違っていると言えるの?このムスタジムとの出会いには、何か現代的で新しい発想はないの?こんな吐き気のするような、表向きや一般的な主張をするんじゃなく、逆に例外を作れないの?「世界」に別の定義はないの?そうして何かが変わるのを待ちながら、私は義理堅く仕事で消耗されるのに慣れてしまっている。具体的に、現実として、私は絵があまりにも下手なために、みんなが分かるか確かめなければならない。ムスタジムが私の授業が分からなければ、誰かが代わりに絵を描いてくれるのだろうか? (注1)『オリヴィエ・べカイユの死』(エミール・ゾラ、1884年)(注2)『シャーブル氏の貝』(エミール・ゾラ、1884年)(注3)『ナンタス』((エミール・ゾラ、1889年))(注4)映画『SYNGUÉ SABOUR -我慢の石 』( Atiq Rahimi、2012 年 )

Lire plus »

多言語表記は簡単じゃない

多言語表記は簡単じゃない アイデンティティ 「全ての言語をサイトの一ページに」という思惑は物の10分で外れてしまった。 それでは分かりにくくなってしまったため、仕方なくフランス語を先に持ってくることにした。サイトにメニューバーができて、レミーは嬉しそうだった。 それから彼はアイデンティティの話をし始めた。グラフィックのことだ。キオスクを表す、文字じゃない記号を考えなくては。 マリーがそれに取り掛かった。全部とてもきれいだと思った。でも、私に見えたものが他の人にどう見えるかも考えなければならない。 一つ目は、私にはキオスクと、その上に点が一つ見えた。ペルシャ語の授業を思い浮かべた。アルファベットを習うのに、文字の正しい位置に点を打たなければならない。先生はとても我慢強い。 マリーは、両腕を広げてテーブルを運んでいる女性をイメージしたと言った。それがリタだと。 何だかすごく分かりにくくなってきた。 もう一つは、私には著作権マークに映った。ちょうどサイトの著作権の問題について話し合っているところだった。著作権フリーにする? それともダメもとで知的財産保護を主張してみる? 考えなければならないことはたくさんあったけど、答えはあまりなかった。 レミーは、ちょっとアナーキストみたいな二つ目がいいと言った。 私は何だか怖くなってきた。私がアナーキストじゃないからじゃない。一つの絵でこんなにも色んな解釈があることにだ。オマールがベッドで大人しくしていないといけないし、私はピレネー山脈にいるから、まだ翻訳者達の意見は聞いていなかった。そういえば、Googleアナリティクスによると、11個目の地域からサイト訪問者が来ていた。カリフォルニアからだ。ピレネー山脈は素晴らしくきれいだ。プレッシャーには負けず、曖昧に行こう! 私はマリーに、レミーがアナーキストみたいだと言ったサークルの中に、両腕を広げた女の人を入れてくれるように言った。はい、出来上がり。

Lire plus »

Les lectures d’Eve

La prétérition[1]  Texte : Google Traduction. La version originale est dans une langue inconnue des collaborateurs disponibles.  Voix : Eve  Planche de Bd : Facbaro  Son : Rita Je ne suis pas capable de vivre ou de communiquer de manière naturelle, surtout depuis que j’ai perdu ma passion et mon esprit, et à une époque où

Lire plus »